ETCカード 仕組み

ETCシステムとETCカードのスタート

ETCシステムとETCカードのはじまり2001年(平成13年)から全国の高速道路で利用がスタートしたETCシステム(Electronic Toll Collection System)ですが、開始当初の普及率はまだまだ低く1〜2%でした。
しかし、その後年々普及率は上がっていき近年では数十倍もの普及率になってきており、ほとんどの人が高速道路を利用する際はETCを利用しているという事になってきています。

ETCシステムを利用する際に必要になってくるのが『ETCカード』です。

そのETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されるのですが、ETCカードを使用する時は車にETC車載器を取り付けそこにETCカードをセットします。

そして高速道路の料金所のETC専用レーンを通過します。
ノンストップで料金を精算できるので、快適なドライブと渋滞緩和に役立っているようです。

しかしメリットがこれだけでは中々多くの人がETCカードを作り、ETCシステムを利用してくれる事にはなりません。

そのため、もっと多くの人にETCシステムを利用してもらうためにETCカードを使ったらポイントを加算し、次回以降からの高速道路料金の割引をするといったサービス『ETCマイレージサービス』を行っています。

ETC利用率が限りなく100%に近づけば、料金所での渋滞もほぼなくなるものと期待されていますが、各クレジットカード会社の充実したサービスやETCマイレージサービスなどの高速道路側のサービスの効果もあって近年では期待通りの普及率になってきているようです。

 

サイトマップ