バイク用 ETC

バイク(二輪車)用ETCとは?

二輪車でのETCの利用も年々増加傾向にあります。バイクのETC車載器は防水、防塵機能に優れています。

ETCカード バイクをチェック普及率がどんどん上がっているETCですが、ETCといえば、車(四輪車)で利用するイメージですが、バイク(二輪車)でもご利用可能です。



ETCのお得度の高さと便利さで、多くのライダーからバイク(二輪車)での利用開始の要望がたくさん寄せられていたようですが、安全面や技術面で中々実現しませんでした。

しかし、その課題も解消され2006年11月からいよいよバイク(二輪車)でのETC利用がスタートしました。

車の場合もそうでしたが、開始当初は要望の多さとは反して利用数はイマイチでした。

しかし、ETCの普及率と比例してETCのお得感が上がり、最近ではバイクでのETCユーザーが徐々に増えてきています。

バイク用ETC車載器は防水ケース型になっていて雨や埃から守っています。ETCに関して、車(四輪車)とバイク(二輪車)の1番の違いは『ETC車載器』です。

では、バイク用のETC車載器は車用のETC車載器とどこが違うのでしょう?

車用のETC車載器は車内に取り付けることを前提に製造されていますが、バイク用は雨風や振動の影響を受けやすい場所に取り付けることを想定して製造されているため防水性や耐震性に優れているところでしょう。

したがって、車用のETC車載器をバイクに取り付けることは誤作動などを引き起こす可能性が高いため必ずバイクには二輪車専用車載器を取り付けるようにして下さい。

しかし、ETC車載器と違ってETCカードは車で使っているETCカードでも他のバイクで使っているETCカードでもETCカードであれば、どのカードでも使用可能です。

ETC車載器を利用可能にするには、『セットアップ』をしないといけないのですが、セットアップは車用もバイク用も基本的に同じです。

セットアップについてはこちら>>>ETC車載器のセットアップ

但し、バイク専用車載器は車屋さんでは販売していないことの方が多いのでバイク屋さんで購入するか、おすすめはネットショップでの購入です。

しかし残念ながら車用ETC車載器と違ってバイク用ETC車載器の種類はあまり多くありません。

楽天市場などでは取り付けステーや汎用の車載器ケースなども販売されています。

二輪車用ETC車載器&グッズを楽天市場で探す>>>二輪車用ETC車載器&グッズ


ETCカードの作り方はとっても簡単ですので、まだETCカードをお持ちでない方はこの機会に是非ETCカードを作ってみてはいかがでしょう。

 

サイトマップ