法人ETCカード

法人・個人事業主の方におすすめのETCカードの作り方

法人・個人事業主用のETCカードは一般的な個人用のETCカードとどう違うのでしょう。
そしてETCカードの作り方の違いはあるのでしょうか。分析してみましょう!

まず法人・個人事業主用のETCカードとは、企業や事業主がビジネス専用に作ることができるETCカードです。
そして法人・個人事業主用のETCカードには大きく分けて2種類のETCカードがあります。

それは、「クレジット機能付き」か「クレジット機能なし」になります。

そもそも法人や個人事業主の方が個人用と会社用にETCカードを分ける理由は、仕事で使った高速料金を会社の経費として計上するためと経理上や税務署に申告する際にも困りません。

また、自分だけが使うならクレジット機能付きのETCカードでも問題ないでしょうが、従業員が使用する場合はクレジット機能なしのETCカードの方が好まれます。


法人・個人事業主用クレジット機能なしETCカード


新事業者の強い味方!
新会社・個人事業主の方も簡単に作れる安心して使える法人専用ETCカード

法人ETCカードを作るには、審査が厳しくて開業したばかりの新会社や個人事業者ではなかなか作れないなどとよく聞きますが、「ETC協同組合」「高速情報協同組合」という多くの新設法人や個人事業主の方に支持されている組合が発行している法人ETCカードなら簡単に作ることができます。

両組合から発行されているカードはクレジット機能が付いていないのでクレジット会社の厳しい審査がなく組合独自の審査になりますので、新会社や個人事業主または今までなかなか法人カード審査に通らなかった方にも作りやすいETCカードとなっています。

クレジット機能なしのJCB法人カードETC協同組合と高速情報協同組合が発行するETCカードの違い


「ETC協同組合」と「高速情報協同組合」は同グループなのですが別会社になります。
ETC協同組合はETCカードを1種類、ガソリンカードを1種類を発行、高速情報協同組合はETCカードを3種類(法人ETCカード、ETC法人ブラックカード、ETCコーポレートカード)、ガソリンカードを1種類を発行していますが、両組合が発行しているETCカード・ガソリンカードの割引率や特典などの内容は、高速情報協同組合が発行している「ETCコーポレートカード」以外ほとんど同じです。
※「ETCコーポレートカード」は首都高・阪神高速道路で更に割引が受けられる法人ETCカードになります。>>>ETCコーポレートカードについてはこちら
>ETCコーポレートカードについて

請求日や手数料、出資金に若干の違いがあるのですが、違いをまとめると
・ETC協同組合のETCカードは、カード発行手数料と取扱手数料がそれぞれ864円(税込)、利用料金の支払日が翌々月5日に口座振替、ETCカードとガソリンカードを両方作っても出資金1万円

・高速情報協同組合のETCカードは、ETCコーポレートカードは別物としてカード発行手数料と取扱手数料は「法人ETCカード」「ETC法人ブラックカード」ともに540円(税込)、利用料金の支払日が法人ETCカードは翌々月5日に口座振替、ETC法人ブラックカードが翌々月8日に口座振替、「法人ETCカード」「ETC法人ブラックカード」ともにETCカードとガソリンカードを作る場合は、それぞれに出資金1万円が必要

【ETC協同組合】
・カード発行手数料
864円(税込)/1枚

・取扱手数料
864円(税込)/1枚(年1回)

・お支払日
月末締め翌月20日頃に請求書発送、翌々月5日に口座振替

・出資金1万円でETCカードとガソリンカードを発行

>>>ETC協同組合の法人ETCカードについてはこちら

ETC協同組合の法人ETCカードについて


【高速情報協同組合】
「法人ETCカード」
・カード発行手数料
540円(税込)/1枚

・取扱手数料
540円(税込)/1枚(年1回)

・お支払日
月末締め翌月20日頃に請求書発送、翌々月5日に口座振替

・ETCカード・ガソリンカードそれぞれに出資金1万円が必要

>>>高速情報協同組合の法人ETCカードについてはこちら

高速情報協同組合の法人ETCカードについて


「ETC法人ブラックカード」
・カード発行手数料
540円(税込)/1枚

・取扱手数料
540円(税込)/1枚(年1回)

・お支払日
月末締め翌月20日頃に請求書発行、翌々月8日に口座振替

・ETCカード・ガソリンカードそれぞれに出資金1万円が必要

>>>高速情報協同組合のETC法人ブラックカードについてはこちら

高速情報協同組合のETC法人ブラックカードについて


※高速情報協同組合もガソリン・軽油カードを発行しているのですが、出資金がETCカード、ガソリンカードそれぞれに必要になっているためETCカードとガソリンカードを両方作る場合は出資金が2万円必要になります。
※ETC協同組合の場合は、ETCカードとガソリンカードを両方作っても出資金は1万円です。
※両組合とも出資金は解約後返金されます。

【必要書類】※登録車両1台につき、必要枚数のETCカードの発行が可能です。
1. 法人 ⇒ 商業登記簿謄本(写し可)、個人事業主 ⇒ 所得税確定申告書(写し可)
2. 登録車両の車検証(写し)
3. 登録車両に取り付けたETC車載器のセットアップ証明書(写し)

組合に書類到着後、10日程度で発行されます。

「ETC協同組合」「高速情報協同組合」なら開業して間もない法人・個人事業主の方やカード会社に発行を断られた事業主の方も安心してETCカード&ガソリン・軽油カードを簡単スピーディに作ることができます。


法人・個人事業主用クレジット機能付きETCカード


【クレジット機能付きETCカード】で法人・個人事業主用の代表的なJCB法人ETCカードを紹介します。

利用カードをJCB法人カードに一本化すると振込み手数料の節約で経費削減になるうえに自動振替で領収書、請求書などの事務処理の大幅な効率化にもなります。

また、車両を多く保有していたり各車両1台1台にETCカードを発行したいなどの場合は車両ごとにETCカードを作ることが出来るので便利なカードといえます。
お得な入会キャンペーン実施中!
JCB法人ETCカードご入会でもれなくJCBギフトカードプレゼント!
インターネットでの入会限定で初年度年会費キャッシュバックキャンペーンも実施中です。


JCB法人カードには「ポイント型」と「キャッシュバック型」の2種類があり、【ポイント型】は、OkiDokiランドで最大20倍でポイントがたまり、【キャッシュバック型】は、最大180,000円/年のキャッシュバックが受けられます。

JCB法人カードで作るJCB法人ETCカードは、年会費無料です。

そして何よりも個人用カードと大きく違う点はJCB法人ETCカードは枚数無制限でETCカードを作ることができるところです。


JCB法人カードはおすすめJCB法人ゴールドカード


JCB法人カードにはワンランク上のゴールドカードが用意されています。

JCBゴールド法人カードは、最大1億円保証の旅行損害保険、最高300万円のショッピングガード保険、空港ラウンジサービス、名門ゴルフコースの利用権などの特典が付帯されています。

尚、法人カードの年会費は会計上、経費として計上可能なので、還元率・特典がワンランク上のゴールドカードにした方がお得かもしれません。


おすすめのJCB法人カードガソリン系 JCB法人カード


JCB法人ETCカードは、JCB一般法人ETCカード以外にも、各ガソリンスタンドでお得に給油できる3枚の法人ETCカードも発行しています。

JCB法人カード同様に事務処理の効率が上がり経費削減にもなります。

また、3券種ともに1枚のカードに対して複数枚のETCカードが発行可能です。

【シェルビジネスカード】ご利用金額により最大180,000円/年のキャッシュバックが受けられます。

【シナジーJCB法人カード】ご利用金額により値引き価格で給油ができるお得なETCカードです。

【コスモコーポレートJCBカード】ご利用金額によりお得にポイントがたまり、OkiDokiランドでは最大20倍のポイントがたまります。

これら【シェルビジネスカード】【シナジーJCB法人カード】【コスモコーポレートJCBカード】にも、ゴールドカードが用意されていてJCBゴールド法人カード同様のサービスが受けらえます。

法人ETCカード

法人専用ガソリンカード
 ..... >> 各法人ETCカードについてはこちら

高速情報協同組合/法人ETCカード
 ..... >> 各法人ETCカードについてはこちら

首都・阪神高速ETCコーポレートカード/法人ETCカード
 ..... >> 各法人ETCカードについてはこちら

高速情報協同組合/ETC法人ブラックカード
 ..... >> 各法人ETCカードについてはこちら
 

サイトマップ