ETCカード おすすめ

ETCカードを作るなら即日発行、高還元率、年会費無料がおすすめ!

即日発行のETCカードは人気があっておすすめです!

ETCカードの作り方といえば、親カードになるクレジットカードの選び方となるのですが、その本体クレジットカードの使い方や利用目的などがETCカードを作るうえで重要になってきます。
また、利用者ご自身のライフスタイルなどにも関係してきます。

あくまでもETCカードは追加カードとして発行されるカードなので、ETCカード自体はどのETCカードでもそれほど違いはありません。

なので、ETCカードを作る際は、親カードであるクレジットカードの特典やサービス、その他の特徴から選ぶことになります。

トップページの『ETCカードの選び方』でも紹介していますが、本体クレジットカードにはポイントプログラムや還元率の違いなどさまざまな特徴があります。

また、ETCカードの上手な作り方としては、本体クレジットカードをどのように使うかによってもカードを選ぶ判断基準が変わってきます。

例えば、本体クレジットカードをメインのカードとして使うなら、高還元率のカードがおすすめです。

また、最近はメインのカードを1枚、サブカードを3枚というように複数のカードを持って使い分けるというのが一般的になっていますので、サブカードとして使うなら年会費無料でライフスタイルに合ったカードを選べばいいと思います。

おすすめのETCカードを紹介


即日発行と年会費無料はチェック本体クレジットカードもそうですが、ETCカードの即日発行など発行が早いことや年会費・発行手数料無料などはETCカードを作る際に重要な判断要素になります。
年会費・発行手数料に注意! 一般的に年会費は本体のクレジットカードにかかるものが多く、年会費のかかるETCカードはほとんどありません。
また、ETCカードの場合は発行手数料のかかるカードがいくつかあります。

例えば、リクルートカードは本体クレジットカードは年会費無料ですが、ETCカードの発行手数料が1,000円かかります。

楽天カードは本体クレジットカードは年会費無料ですが、ETCカードは年会費540円(税込)がかかります。

ANA VISAカードは初年度無料で2年目以降ETCカードの年会費が540円(税込)かかります。

しかし、楽天カードは楽天ダイヤモンド会員、プラチナ会員は無料、ANA VISAカードは年間1回以上の利用で無料など各条件を満たせば無料になります。

このように年会費に関しては、本体クレジットカードもそうですが、年間1回以上のカード利用や指定金額の利用、リボ払い設定など一定の条件を満たせば無料になるカードが多いので、ゴールドカードやプラチナカードなどの高ランクのカード以外は実質年会費無料といっていいのではないかと思います。

数年前までは年会費や発行手数料無料のETCカードがほとんどでしたが、最近は、ETCの普及率増加に伴い有料のETCカードも増えてきているようです。
しかし、まだまだ無料のETCカードの方が多いです。

また、有料のカードであっても、そのカード特有の特典などがありますので、その特典があなたのニーズにあっていれば年会費や発行手数料を負担してでもそのカードを選ぶ価値は大いにあります。

一方、即日発行が可能のETCカードは、年会費・発行手数料無料のETCカードほどたくさんはありません。

一般的な発行期間としては、本体クレジットカードが1週間くらいで発行されて、ETCカードはそれから更に1週間後というカードが多いです。

中には1ヶ月ほどかかる場合もあります。

また、即日以外で発行が早いカードでは3営業日発行や翌営業日発行というカードもあります。



即日発行のセゾンカードをチェック 発行が早いおすすめのETCカードといえば、何といってもセゾンカードです!


セゾンカードは、本体クレジットカードとETCカードがセットで最短即日発行が可能なのです。
現在、全セゾンカードの内15券種が即日発行対応、31券種が3営業日発行となっています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
即日発行ができるETCカードを紹介

クレジットカードのみ即日発行が可能だったり、既にクレジットカードを持っていてETCカードを追加発行する場合は、即日発行が可能のカードはあリますが、クレジットカードとETCカードをセットで即日発行できるのはセゾンカードだけです。

これは他のカードにはないサービスとなっています。

そして、そのほとんどが本体クレジットカードとETCカードが年会費無料なのです。

チェックこれらのことから即日発行対応のセゾンカードはETCカードを作るうえでもっともおすすめのETCカードといえるでしょう。

 

サイトマップ